太陽光発電:補助金制度

太陽光発電:補助金制度、復活を検討…経産省

 経済産業省は、住宅用の太陽光発電導入に対する補助金制度復活の検討に入った。24日に開かれた総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)の新エネルギー部会で補助金導入などによって太陽光発電の設置費用を、3〜5年で半額程度に低減することなどの緊急提言案をまとめた。

 福田康夫首相が今月上旬に発表した地球温暖化対策(福田ビジョン)は、太陽光による発電量を20年までに現状の10倍、30年までに40倍に引き上げる目標を掲げた。

 しかし、住宅用太陽光発電の補助金制度は05年度に打ち切られており、家庭への普及が頭打ちになっていることから、経産省は補助金復活や税制優遇などの支援措置が必要と判断した。

 05年度の補助金支給額は1キロワット当たり約2万円。平均的な家庭では1世帯当たり約6万円で、
今回も同額以上の補助金創設を目指す。太陽光発電システムの価格は現在、1世帯当たり約230万円。
【坂本昌信】

太陽光発電:補助金制度については都道府県により対象金額等が違いますので、住居地の窓口でお聞きください。

(太陽光発電普及研究会)相談のご案内 
KDD(株)
太陽光発電普及研究会 077-589-2354 FAX 077-589-4892

(太陽光発電普及研究会では、設置希望のお客様を紹介させていただきます)

  太陽光発電普及研究会の会員1社様で1年間で(実例をご覧下さい)これだけの太陽光パネルを設置いたしました”
    ”
すごいことです”みなさまも講習会に参加していただきどんどん太陽光パネルの普及に貢献してください        

      TV-CM 太陽光発電 みんなのNPO 随時講習会開催(CM配信中。こちらから) 

現在、会員様が規定数に達しておりますので新規会員様の募集はいたしておりません、
また、講習会も会員様の個別講習のみ開催しております

       

特定非営利活動法人太陽光発電普及研究会  滋賀県    
 KDD(株)太陽エネルギー事業 
太陽光発電普及研究会) 随時講習会開催 077-589-2354 FAX 077-589-4892
 
ソーラーシステム
(太陽光発電普及研究会)相談のご案内 077-589-2354 FAX 077-589-4892
     施工業者のご案内は無料にてご相談ささていただいております
NPO開始から工事施工の会員様は6ヶ月で滋賀県下だけでも80軒の施工工事をいたしました、
安心していただくためにも10年間の保障を約束させていただいております、太陽パネル施工には
NPO法人の太陽光発電普及研究会にご一報ください、安くてサービス完璧なのはNPO会員の工事やさんだから
安心していただけます、、、、、国、県、市の補助制度を活用されているご家庭が多く仕事がいっぱいです
(みんなでPRしょう太陽光発電、滋賀県全域の申し込みが多くてお仕事いっぱいあり、
ベテランの工事店が不足していますぜひ講習会に参加していただき技術取得を””)

太陽光発電普及研究会の会員1社様で1年間で(実例をご覧下さい)これだけの太陽光パネルを設置いたしました””すごいことです”みなさまも講習会に参加していただきどんどん太陽光パネルの普及に貢献してください
特定非営利活動法人太陽光発電普及研究会  滋賀県            写真提供 滋賀建機(株)  (当協会会員)
NPO開始から工事施工の会員様は6ヶ月で滋賀県下だけでも80軒の施工工事をいたしました、
安心していただくためにも10年間の保障を約束させていただいております、太陽光パネル施工には
NPO法人の太陽光発電普及研究会にご一報ください、安くてサービス完璧なのはNPO会員の工事やさんだから
安心していただけます、、、、、国、県、市の補助制度を活用されているご家庭が多く仕事がいっぱいです
(みんなでPRしょう太陽光発電、滋賀県全域の申し込みが多くてお仕事いっぱいあり、
ベテランの工事店が不足していますぜひ講習会に参加していただき技術取得を””)

報告活動の一部の実例をご覧下さい
  仕事はどんどんきます、早く講習をうけて
NPO太陽光の技術認定を””県下では技術者が不足しています、今がチャンス””
身近なお家に太陽光発電システムが毎日取り付けられています NPO開始から会員様が150軒施工(1年の実績)
やれば出来る””紹介と口コミで滋賀県全域の仕事が増え忙しい””悲鳴””みなさんも早く工事資格を””
愛知川 T邸4.22KWシステム 米原 T邸4.22KWシステム 彦根市 N邸 4.20KWシステム
秦荘町 T邸 4.22KWシステム 甲西町 I邸 3.17KWシステム 多賀町 T邸3.、96KWシステム
日野町 U邸 3.70KWシステム 愛知川町 S邸 9.9KWシステム 彦根市 T邸 3.96KWシステム
近江町 K邸 3.96KWシステム 米原町 Y邸 4.00KWシステム 彦根市 H邸 3.17KWシステム
京都市 O邸 3.17KWシステム 彦根市 S邸 3.00KWシステム 秦荘町 N邸4.00KWシステム
秦荘町 K邸5.15KWシステム 彦根市 S邸4.10KWシステム 八日市市 K邸3.00KWシステム

参加されたい方はNPO  特定非営利活動法人 太陽光発電研究会までご連絡ください

    太陽光発電パネル     太陽光発電システム
太陽光発電は地上に満辺なく太陽から降りそそぐ、クリーンなエネルギーを電気エネルギーに変換して利用することにより、二酸化炭素の抑制に寄与することによって地球温暖化防止ができることを、不特定多数の人に知っていただくために、太陽光発電普及研究会を発足させました。
名称 太陽光発電研究会 
  個人さまには(
補助金の申請手続き 無料)    メールで申し込みます
    
                
理事長 西澤由男 滋賀県知事認証  
活動事業
@太陽光発電に関する知識向上のための講習会
A太陽光発電に関する啓発活動を行い新しい快適なライフスタイルの提案
B太陽光発電に関する推進活動
C環境にやさしいクリーンエネルギーである風力発電及びエコロジカーの推進活動
その他の事業
@太陽光発電を活用した物の付帯設計、施工会員の斡旋
A太陽光発電の展示場の賃貸
太陽光発電普及研究会は 理事長 副理事長 理事(2名)監事 以下 この目的に賛同して入会した個人及び団体 正会員 準会員 賛助会員 にて構成する、
みんなで広めよう、 参加を!!  太陽光発電に関する知識向上のための講習会
ソーラーエネルギーの活用で電気は自宅で創る 発電して余った電気は電力会社で計量
平成15年11月講習    申し込者受付開始 締め切り平成15年10月20日
養成講座 太陽光発電に関する講座 年4回  啓発講座 太陽光発電の基礎知識の講座 年4回
推進活動 公共施設の催し会場 年5回 
太陽光発電研究会  入会規定 
   正会員 入会金 30.000 年会費 50.000 
   準会員 入会金 5.000 年会費 12.000 賛助会員 入会金 1.000 年会費 1.200
太陽光発電に関する無料相談 
   ソーラーエネルギーの活用
太陽光発電に関する知識、 住宅用太陽光発電導入の相談 国の補助対象(補助金制度の案内)
                                滋賀県各自治体補助金制度の案内
天気の良い日は電気を創って自宅で使う、発電して余った電気は電力会社で計量、
夜間や発電量の少ないときは関西電力から電気を買って使用します、夜間は格安で利用することができます、
みんなで自然環境を良くしょう、クリーンエネルギー 滋賀県を琵琶湖の自然を大切にする運動
                太陽光発電普及研究会から広めよう、
電気をつくって使う、
太陽の光を活用した自家発電です。
余った電力は電力会社に売ることもできます。
電力会社との接続(系統連系システム)で、昼間に発電し使って余った電力は売ることができ、夜間や雨の日など発電量の少ない時は電気を買います。この売買により、年間を通せば電気代のほとんどをまかなうことができます。
※ご家庭の消費電力によっては、まかなえない場合もあります。

グリーン電力料金=太陽光発電等で発電した電力を電力会社の電力とは別に、太陽光発電等の持ち主個人に直接、発電電力量に見合った金額(1kwあたり120円)が支払われます。
太陽光発電は屋根に設置した太陽電池モジュールで太陽の光を受けて発電し、その電力を家庭用に変換、電気製品などに分配して利用します。これからの生活を支える自家発電としてもっとも注目を集めています。
無限でクリーンだから毎日の生活が、環境保護に役立ちます。
電気をつくる石油などの資源には限界があり、さらにCO2を大量に排出して地球温暖化の原因となっています。クリーンで無尽蔵な自然エネルギーを利用する太陽光発電は、普通の暮らしでできる環境保護です。
国や地方の補助など、
数々のバックアップ制度が整っています。経済産業省では、1994年度より設置費用を一部支給し、一部の地方自治体でも補助制度を実施。住宅金融公庫では、3kW以上の設置で200万円の割増融資が可能。太陽光発電の家庭への導入が積極的に支援されています。
さらに発電して余った電力が売れる
電力会社との系統連系システム
電力会社との接続(系統連系)により、昼間の余った電力は自動的に電力会社に送られ、夜間や雨の日などは電力会社から電力の供給を受けることができます。
1日の電力消費パターン電気を効率よく経済的に使えます
昼間は割高で売り、夜間は割安で利用できる
時間帯別電灯契約
昼間の時間帯は太陽光発電でまかなえるうえ、余った電力は割高な料金で売ることができ、夜間は割安な電力を利用できます。
夜間の割安な電力で1日分のお湯をつくる電気温水器を設置すれば、さらに経済的効果が高くなります。
滋賀県各自治体補助金制度の案内
太陽光発電普及研究会の会員1社様で1年間で(実例をご覧下さい)これだけの太陽光パネルを設置いたしました”
補助金例(滋賀県下だけでも80軒施工)実績あります
経験豊富、10年保障、(無料相談)
都道府県 地方公共団体名 制度区分
滋賀県 滋賀県長浜市
滋賀県守山市
滋賀県八日市市
滋賀県蒲生郡蒲生町
滋賀県野州郡野洲町
補助
補助
補助
補助
補助
詳しくは各地方公共団体へお問い合わせ下さい。
経済シミュレーションのご提示  補助金の申請は077-589-2354 (太陽光発電研究会事務局まで)相談無料です
住宅用太陽光発電システムの案内NE寄棟シリーズ太陽光発電、風力発電の案内
太陽光発電普及研究会の会員1社様で1年間で(実例をご覧下さい)これだけの太陽光パネルを設置いたしました”
車にもソーラーシステム見てください

専門的な技術情報をお知りになりたい方は
SHARP TECHNICAL JOURNAL NO.2
/太陽電池特集へ

新エネルギーおよび助成制度については
新エネルギー財団へ
太陽光発電システム補助制度のご案内 平成15年4月21日〜9月30日
(消し印有効)

太陽光発電全般については
太陽光発電協会へ
新・省エネルギー技術開発と導入促進については
新エネルギー・産業技術総合開発機構へ

←TVコマーシャル動画配信(クリックしてください)


TV-CM 太陽光発電 みんなのNPO 随時講習会開催 まずメールで問い合わせください

特定非営利活動法人太陽光発電普及研究会 (会員様紹介コーナー)
会員様紹介しています
  滋賀建機(株)テレビCM SAN,SAN,ソーラーの滋賀建機   太陽光発電システム説明会の様子を動画で配信中
めちゃめちゃおもしろいCMです 見てください            動画配信はここ
このページのみリンクフリーです。太陽光発電の普及活動にお役立て下さい。
テレビ番組放送とドッキングすることで、地名度はバツグン効果があります、太陽光発電普及研究会に各企業さまも参加していただき、1棟でも多くのご家庭にソーラシステムを工事してください
(電気店、水道公認業者、電気工事業、建設業)
お一人様でも太陽光発電普及研究会に加入していただき、お仕事に貢献できるものと期待しています
 
入会申し込む(メール)

太陽光発電:補助復活、経産省検討 費用3〜5年で半額

 経済産業省は、住宅用の太陽光発電導入に対する補助金制度復活の検討に入った。24日に開かれた総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)の新エネルギー部会で補助金導入などによって太陽光発電の設置費用を、3〜5年で半額程度に低減することなどの緊急提言案をまとめた。

 福田康夫首相が今月上旬に発表した地球温暖化対策(福田ビジョン)は、太陽光による発電量を20年までに現状の10倍、30年までに40倍に引き上げる目標を掲げた。

 しかし、住宅用太陽光発電の補助金制度は05年度に打ち切られており、家庭への普及が頭打ちになっていることから、経産省は補助金復活や税制優遇などの支援措置が必要と判断した。

 05年度の補助金支給額は1キロワット当たり約2万円。平均的な家庭では1世帯当たり約6万円で、今回も同額以上の補助金創設を目指す。

 太陽光発電システムの価格は現在、1世帯当たり約230万円。【坂本昌信】

 ◇メーカー、商機再来を期待

 太陽光発電の補助金復活の動きに対し、各メーカーはビジネスチャンスとみて期待を高めているが、本格的な普及には低コスト化が課題になりそうだ。

 国内の太陽光発電の設置規模(累積導入量)は、04年まで113万キロワットと世界首位だった。国が94年度に始めた住宅向け補助金制度がけん引したためだ。購入者に対して1キロワット当たり最大90万円を補助した。しかし、05年度の終了で翌年から頭打ちに。太陽光発電協会によると、07年度の太陽電池の国内出荷量は前年度比22%減で、2年連続で縮小した。

 その一方で伸びたのは輸出量だ。07年度は同16%増で国内出荷の3倍に達した。メーカーが狙いをつけたのは欧州市場。ドイツは04年に太陽光発電の電力を通常電力料金の3倍で買い取る制度を始め、05年に日本を抜いて累積導入量で首位に立った。スペインなども同様の制度で普及し、シャープ、京セラ、三洋電機、三菱電機などは欧州向けの増産体制を整えてきた。こうした中、国内で補助金制度が始まれば「大きな市場が見込める」(業界関係者)と期待する。

 しかし、3〜5年で太陽光発電システムの価格を半額に抑える目標については、メーカー側から「かなり厳しい」との声も上がっている。経産省は、補助金で家庭の導入負担を低減する一方で、メーカーには量産体制の確立によるコストダウンや技術革新を促す。

 太陽光発電の購入費用は、1キロワット時当たりの発電コストに換算すると45〜46円で、同22〜23円の既存の電力料金の倍に相当する。購入費用を現在の半額に抑えることができれば電力料金とそん色がなくなるとの目算だ。【平地修、秋本裕子】

毎日新聞 2008年6月25日 東京朝刊

太陽光発電:補助金復活へ…商機再来に期待感

 太陽光発電の補助金復活の動きに対し、各メーカーはビジネスチャンスとみて期待を高めているが、本格的な普及には低コスト化が課題になりそうだ。

 国内の太陽光発電の設置規模(累積導入量)は、04年まで113万キロワットと世界首位だった。国が94年度に始めた住宅向け補助金制度がけん引したためだ。購入者に対して1キロワット当たり最大90万円を補助した。しかし、05年度の終了で翌年から頭打ちに。太陽光発電協会によると、07年度の太陽電池の国内出荷量は前年度比22%減で、2年連続で縮小した。

 その一方で伸びたのは輸出量だ。07年度は同16%増で国内出荷の3倍に達した。メーカーが狙いをつけたのは欧州市場。ドイツは04年に太陽光発電の電力を通常電力料金の3倍で買い取る制度を始め、05年に日本を抜いて累積導入量で首位に立った。スペインなども同様の制度で普及し、シャープ、京セラ、三洋電機、三菱電機などは欧州向けの増産体制を整えてきた。こうした中、国内で補助金制度が始まれば「大きな市場が見込める」(業界関係者)と期待する。

 しかし、3〜5年で太陽光発電システムの価格を半額に抑える目標については、メーカー側から「かなり厳しい」との声も上がっている。経産省は、補助金で家庭の導入負担を低減する一方で、メーカーには量産体制の確立によるコストダウンや技術革新を促す。

 太陽光発電の購入費用は、1キロワット時当たりの発電コストに換算すると45〜46円で、同22〜23円の既存の電力料金の倍に相当する。購入費用を現在の半額に抑えることができれば、電力料金とそん色がなくなるとの目算だ。【平地修、秋本裕子】

太陽光発電:関電・シャープが堺に共同施設 世界最大、2.8万キロワット

 ◇8000世帯分

 堺市臨海部に、大規模太陽光発電施設を計画する関西電力(大阪市)は23日、シャープ(同市)と共同で、さらに1カ所建設すると発表した。両施設の発電出力は計2・8万キロワットとなり世界最大。年間の発電電力量は2900万キロワット時で、住宅8000世帯の消費分に相当する。国内の電力会社が太陽光発電に参入するのは初めて。

 関係者によると、7月の主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)に向け、地球温暖化対策への日本の姿勢を示したい経済産業省が計画を強く後押ししたという。

 新たな施設は、シャープが堺市堺区に建設中の液晶パネル新工場や太陽電池工場の屋上などに建設。当初は発電出力0・9万キロワットで、1・8万キロワットに拡大する。事業費は未定。11年3月までに運転を開始し、電力は自家消費する。

 一方、関電は約3キロ南西の同市西区の産業廃棄物埋め立て地(大阪府所有)約20ヘクタールにも建設。1万キロワットで、09年度に着工、11年度に運転開始予定。総事業費は50億円。発電電力は一般家庭にも供給する。

 関電によると、現在の世界最大はスペインにある2・3万キロワットの発電所。【久田宏、新宮達】

毎日新聞 2008年6月24日 大阪朝刊

事務所)東近江市五個荘竜田町686−1  tel:0748-48-8200 fax:0748-48-7180(10時〜20時) 担当 堀居  

CM製作いたします。インターネットCMダウンロードに少しだけ時間がかかりますがサンプルをご覧ください
お問い合わせはまず、メール