風呂釜の洗浄 熱交換パイプ 熱伝導体の洗浄 温水タンクの洗浄 
5年過ぎると釜が劣化 ゴミ・カスが付着しますと
温度が上がりにくい シャワーの温度が低い 水洗湯の出が悪い 燃料が多く必要になるなど
悪条件が重なります 特に鉄管パイプのつまり 配管の内径が狭くなっているなどです


A-61-19   

そこで 洗浄をしたいが 専門業者に依頼すれば高い 個人で簡単にお風呂の洗浄ができる
1kg
¥4980(税別) タンクの洗浄ができます 5年過ぎれば1度タンクの洗浄をしてください
  お風呂に洗浄剤をいれるだけ
配管と温水タンクの洗浄ができる 
 温泉の素 とかバスクリンなどいつもいれていると配管パイプはへどろで固まっています
  給水が悪い 熱効率が低下している 新品同等に戻したい願いがかないます
 
 
洗浄粉末をいれるだけでOK
汚れを溶かす溶剤なので
粉末には手でふれないこと

1kg
¥4980(税別)
メールで注文
 
注意 
粉末は絶対に手でさわらないこと
 触ればすぐ水で洗浄してください
必ずゴム手袋をしてください
 
会社概要    KDD(株) 大阪市城東区新喜多1丁目2-7-1708    通販法   今までの納品先
.風呂釜洗浄  滋賀県野洲市木部930  077-589-2354 FAX 077-589-4892
     
     
 湯を風呂に循環パイプの上限までいっぱい
に湯をはる 温度は50度前後
 給湯器の温栓のバブルを完全に閉めること  水道栓はそのままでいいです
     
 給湯器の温栓のバブルを完全に閉めること  温栓のバブルを完全に開けておくこと   水道栓は関係しません
     
 湯を湯を風呂に循環パイプの上限までいっぱいに湯をはる 温度は50度前後  そこで準備をする
     
 容器の粉末をすべてお風呂にいれます  湯かき棒でかきまぜます
     
      すぐに粉末は溶けません   湯の温度を上げます50度前後   ジエット水流があれば使用します
 無い場合は風呂の温度は50度に維持
     
    開始して3時間で風呂の湯を流し落とします
   お風呂の洗浄をします
 タンクないの掃除
 減圧弁から温水を放出します 排水バブルから湯をすべて流しタンク内の洗浄をします
     これで完了です
 タンクの洗浄ができましたら
 湯の温度の点検 循環ポンプの点検をしてください 
  湯の出口のバルブを開きます  湯を出しながらタンクの洗浄をして
きれいにします
 
     
 そこで安全の確認してから
もう一度湯を湯を風呂に循環パイプの上限までいっぱい
に湯をはる 排水してください これで完了です
 
 戻る