テラヘルツ 細胞修復 修正 皮膚を若くする機能

B-78-07 
 

ガン細胞が死滅する研究開発 ガン治療 ガン細胞は42度で死滅する
ガン細胞周囲の細胞に影響をあたえなく ガン細胞に放射線を連続的に光源する方法
体温を常時あげることでガン細胞の発育を阻止する 低温度体質の方はガン細胞の住みやすい寝床になっている
ガン細胞は体温の高い人ほどガンにはなりにくい 常に体温は36.5度にしておきたい


                              ガン細胞が死滅する研究開発
   テラヘルツ放射量を多く体に与えて放射量・平均放射率ともに高くすれば
 体調を整えたり、生命エネルギーを増進したりする可能性がおおきいのです赤ちゃんのように細胞を若くすること可能なのです
この発見は最近医学の分野で注目しています  テラヘルツレアアースの金属希土類17元素なのです
 希土類17元素を使いテラヘルツ放射をすると4倍のエネルギーを永遠に放出します 
体調を整えたり、生命エネルギーを増進したりする可能 体温が1度以上~上がり、今まで表皮しか温まらなかった皮膚から10cm浸透させます
テラヘルツ波は、人体を構成している水の分子の固有振動数に近いと言われており、テラヘルツの周波数の電磁波を受けると
水の分子が共振し、クラスターが小さくなります。
その結果、血流・細胞の活性化が良くなるため、健康を維持できると言われています。
   
   
会社概要    KDD(株) 大阪市城東区新喜多1丁目2-7-1708    通販法   今までの納品先
テラヘルツエネルギー測定開発   滋賀県野洲市木部930  077-589-2354                       FAX 077-589-4892
 
分析.試験測定  料金は低価格の設定です
分析機器 測定検査   析測定   分光測定
公開している 測定検査機器500種類  利用したい検査機器を知らせてください
工業製品の放射線測定   製品 部品 を送っていただければ測定できます .
飲用する水.野菜 果物も測定は可能ですが測定結果を成績書として発行できません
工業製品の海外輸出に伴う風評被害に対する対策
サーベイメーターなど放射線量測定ができる装置や環境を整え、製造した工業製品・部品等について
放射線量測定を行い、測定結果を成績書として発行します

測定分析申し込み書
pdf Excel記入して メール FAX 077-589-4892  077-589-2354
見積もりさせていただきます
 ガン治療 西洋医学書にもない東洋医学療法の最前線 量子医学 テラヘルツ分光療法
テラヘルツ波長領域が癌細胞の増殖を抑制する この波長領域こそがDNAを修復する21世紀のエネルギーであるテラヘルツ波である 
                     レアアースと
テラヘルツ分光療法でガン患者を救うことができることを信じて開発をおこなっています
   医師からガンと通告””手の施しようがないといわれた方には
     レアアーステラヘルツクリーム(ガン死滅レベル値)製造させていただきます 
30日後 60日後にレントゲンで結果がでます
      DNA修復するためにテラヘルツ加工をしています (皮膚細胞の再生をします) レアアーステラヘルツクリームを知れば助かることもあります
      100%信じられないと思いますがレアアーステラヘルツクリームの効力を試してください (ビックリ医師も信じられないことがおこります)
               テラヘルツ波の開発で癌細胞 増殖を抑える 世界ではじめての技術なのです
難病(末期癌)からの生還「末期がん余命宣告
末期がん患者、及び末期がん患者を持つ家族の方へ贈る生還へのプロセス(中咽頭 末期がん・余命3ヶ月と宣告された父が末期がんと闘い、
そして手術の必要も無くガンが死滅した人もいます  ほんとうの効果
はレアアーステラヘルツクリームを肌にすり込んで( 30日後結果を、みてください)レントゲン撮影をみてください
                手術ができない内臓内でも可能性を信じて試してください 
 
 
ガンの進行度合いにて含有量を指定してください
 レアアース
テラヘルツクリーム 含有量10%
60g(30日分) ¥9800(税別)送料無料 メール  80g 
(50日分) ¥12800(税別
レアアーステラヘルツクリーム 含有量20%
60g (30日分)
¥14800(税別)送料無料 メール 
 

テラヘルツ時間領域分光

テラヘルツ時間領域分光(テラヘルツじかんりょういきぶんこう)は、テラヘルツ波の波形を直接測定することによって得られる
電磁波の電場の時間波形をフーリエ変換し、電磁波のスペクトルを得る分光法である。

テラヘルツ波が伝播する経路中に測定したい測定試料を置き、透過したテラヘルツ波の時間波形を検出する。その検出信号と、
測定試料のない状態でのテラヘルツ波の時間波形とを検出した検出信号を用い、検出信号をフーリエ変換して、
テラヘルツ波の振幅と位相の情報を得る。

光源としては、励起光であるフェムト秒レーザーパルスを非線形光学結晶や光伝導スイッチに照射することによって
発生するテラヘルツ波を用いることが多い。

テラヘルツ波の検出にも光伝導スイッチが利用されるが、電気光学効果を利用した検出法などもある。
プローブパルス光が光伝導スイッチなどに照射された瞬間のテラヘルツ電場に比例した信号を時系列で測定し、
電場の時間波形をフーリエ変換することにより、テラヘルツ波の振幅と位相を同時に独立して検出することができる。

テラヘルツ波の時間領域分光法の特徴は、テラヘルツ波の振幅と位相が1回の測定で検出することができるという点である。
これにより、物質の複素屈折率や複素誘電率などの検出が可能になり、物質の物性測定などに用いられる

 
テラヘルツ時間領域分光
 
TAS7500 テラヘルツ・分光イメージング・システム
テラヘルツ時間領域分光
 
テラヘルツ時間領域分光
 
 
 
テラヘルツ時間領域分光
 
テラヘルツ波を放射する物質の応用
技術開発者の田中政好はテラヘルツ波を活用することで様々な物質の通過が可能であることに注目
テラヘルツ波の領域を使ったテラヘルツ波を放射する物質の応用をすることに成功しました
この技術は世界的に類を見ない新エネルギーの革新といえます
物質の応用とは
人体の分子との共振作用により、細胞の新陳代謝の促進効果があり、
遠赤外線以上に波長が長いので、細胞や体内酵素、DNA、その他の有機高分子の振動が活性化されるため、血行の促進
、冷え・こりの軽減、健康維持、老化予防などに効果があります
宇宙観測では、宇宙から届くテラヘルツ波を観測する巨大望遠鏡。医学では、テラヘルツ波を全身に透過させることで
ガン細胞の位置を特定する実験に成功。羽田空港では、パッシブテラヘルツ全身検査システムがあり
、人体に無害なシステムで海外から不法に持ち込まれる麻薬などを画像化するシステムが導入されています。
テラヘルツ波の領域を使ったテラヘルツ波を放射する物質の応用をすることに成功した
ある.ゆる物質(繊維 液体 紙 鉱石.食物など)テラヘルツ波(THz波)を分光照射することで物質変化がおこる その能力は4倍以上であり
しかも人体に安全である
テラヘルツ波(THz波)をある.ゆる物質に分光照射でき効果的なものは世界的に類を見ない技術は新エネルギーの革新といえます
テラヘルツ波を放射する物質の応用の技術開発者 田中政好はテラヘルツ波を活用する技術特許 平成23年11月20日を申請
テラヘルツ波(THz波)は、1秒間に1兆回(=テラ)の分子振動をし透過波長でありテラヘルツ波は、様々な物質の通過が可能で、
人体に安全でありながら、細胞を傷つけることなく活性化・水に敏感に反応(人体は7割前後が水)吸収
する働きがあります
遠赤外線は物質の表面を構成している分子の振動に吸収される為、熱の伝導であり内部までは浸透しません。
テラヘルツ波は波長が大きく、電波のように物質への通過浸透性・透過性に優れ、全身に効果が期待できます。
自然界で最もテラヘルツ波の放射が多いのは赤ちゃんです!
赤ちゃん

赤ちゃんは放射量が多い上に、平均放射率も高いといわれています。しかし、年齢を経て生命力が衰えてくると、
放射量と平均放射率は低下します
。また、ふちょうに陥っている内臓も、放射量・率は共に低下します。
植物や動物についても人体と同様で、健康的なものはテラヘルツ波の放射量・平均放射率は共に高く、不健康なものは低くなります
また、食品なども鮮度が高い物は、放射量・率は共に高いことがわかっています。
 
   体温36.5度にする ガン細胞に放射線を連続的に光源する(10cmまで分光さすためにテラヘルツ加工)
レアアース金属物質を使用することで可能であることがわかった
  レアアース(希土類)金属物質に 
テラヘルツ
加工すると物質の変化がおこります
持病の改善の役目をします
テラヘルツ波の分質を入れることで永遠にテラヘルツの光子振動(放射している光)がでます
放射線の鉱石(永遠に放射線を出すもの) 体を突き抜ける
遠赤外線は皮膚の表面を接写する テラヘルツ波の分質は深さ100mm程度浸透する
 テラヘルツ波の分質変成 放射する光を入力する加工技術とは 物質が持っている特性を強くして長く保持することができる
テラヘルツの光子振動(放射している光)入れることができます
 テラヘルツ波の加工
テラヘルツ波による分質変成技術 テラヘルツの光子振動(放射している光)
テラヘルツ波が入れられるもの
自然の材料を加工したものは比較的テラヘルツ波が入れ込みやすい
テラヘルツ波が一度入り込むと持続は永久的であるが、
金属類、アルミニウムなどに長時間吸着するとテラヘルツ分質は効力を失う
テラヘルツ波が挿入できるものは生地.宝石.鉱石粉末 セラミック、陶器.水など  ダメなものガラス.プラスチック類
サイズ限度 長さ4m 幅70cm高さ1m50cm以内のもの連続的にテラヘルツ波を入力することができる
テラヘルツ波の光子振動機器は設置も可能である
   
   繊維に.La ランタン.Ce セリウム Nd ネオジウム その他の金属物質を繊維に練りこむことに
よって性能を保持することができました
日本の大企業の生産工場が必要としているのがレアアース 自動車産業 電気製品製造など使われている
ランタノイド 21 39 57~71 アクチノイド 89~103
 
   体温をあたためることで血液の流れをよるよくする繊維の開発に成功
   
   誘導結合プラズマ質量分析計(ICP-MS)
ICP-MSは、誘導結合プラズマ(ICP)をイオン化源とした溶液試料の元素分析を目的とする質量分析装置である
   
   
分析試験結果データー                                    
   
   
 Laランタン.Ceセリウム Ndネオジウムを練りこんだ繊維    皮膚の炎症 
    血流の改善
 痛みで苦しんでいる 病院通院しているがよくならない人にはお試しください

テープ付

サイズ200mmX250m1枚
¥3800税別)送料無料 メールで注文
500mmX400mm ¥7800税別)送料無料メールで注文
   500mmX500mm 1枚
¥9800税別)送料無料メールで注文
    
    テラヘルツ加工 放射線濃度 希望にあわせて製造 
7800 Cpmまでできますメール FAX 077-589-4892
 
テラヘルツ加工 放射線濃度 3120CPM 
    ガン細胞を弱らすこと
テラヘルツ加工 放射線 最高濃度7800CPM 
ガン細胞死滅(放射線は体を突き抜けるが テラヘルツ波の分質は深さ100mm程度浸透する)
700mmX70mm程度 
3120PM  張るためのテープ付き
ガン細胞 痛み改善 永遠に放射線がでますので細胞が活発にならないのです
(放射線はレントゲンでつかいます)
放射線治療 バンソコみたいに貼るだけです 痛みのあるところ貼ってみてください
     5分程度で体感できます
   
 1秒間に1兆回振動するテラヘルツ
テラヘルツとは
テラヘルツ波は、「光」と「電波」の中間領域の電磁波です1秒間に1兆(=テラ)回の分子振動がある帯域に位置する
この周波数域に大きな可能性が分かってきたのは、最近のことです。
テラヘルツ波をとらえたり、出力する問題がクリアされたことで、様々な分野で活用され始めました。宇宙観測の分野では、
宇宙から届くテラへルツ波を観測する巨大電波望遠鏡が、日米欧の国際協力によって南米チリで建設中です。
医学の分野では、テラヘルツ波を身体に透過させることで、ガン細胞の位置を特定させる実験が成功しています。
自然界で最もテラヘルツ波の放射が多いのは、実は人間の赤ちゃんです。
赤ちゃんは放射量が多いうえに平均放射率も高いと言われています
しかし、年齢を経て生命力が衰えてくると、放射量と平均放射率は低下します。また、不調に陥っている内臓なども、放射量・平均放射率ともに低下します。
植物や動物についても人体と同様で症状が見られます。また、食品についても鮮度が高いものは放射量・平均放射率ともに高いことが分かっています
。こうした事実から分かるのは、生命活動の活発さはテラヘルツ波の放射量・平均放射率で表すことが可能であるという事です
このように生命エネルギーと密接に関わっているテラヘルツ波を自在に高めることが出来れば、
体調を整えたり、生命エネルギーを増進したりする可能性を秘めています。

テラヘルツ波と遠赤外線の違い
テラヘルツ波とは、光と電波の中間に位置する、これまで利用が困難であった“未開拓領域”の電磁波です。テラヘルツ波は電波の様に物質を透過し、
光の様に直進する性質を持っているので人体に安全でありながら半導体・紙・プラスチック・ゴムなどを透過する性質から、X線などに変わる検査装置として、
世界中から高い注目が集まっています。現在、成田空港では、テラヘルツ波を使ったパッシブテラヘルツ全身検査システムがあり、隠蔽物(麻薬・爆発物
・金属・非金属・セラミック・プラスチック)を画像化し、今までのX線とは違い、人体に無害なシステムとして導入されています。遠赤外線の浸透波長というは、
実は物質の原子・分子が振動している現象です。この熱による振動の周期と同じ周期、周波数の光を当てると物質は大変よく加熱されます。それが赤外線の領域です
。遠赤外線に対してはほとんどの物質が不透明で、吸収自体は表面近傍で起きているのが普通です。光のまま奥まで伝わるという事はありません。
遠赤外線は分子振動などに吸収され物質の表面を構成している分子の振動に吸収し、内部まで浸透しません。
テラヘルツを使用すると遠赤外線以上に波長が大きいので、遠赤外線以上に体の芯まで温まります。体温が上がり、今まで表皮しか温まらなかった
遠赤外線以上に温まるので、血流が良くなり、いろいろな病気の予防と改善に利用できます。NASAの研究結果として、太陽光線の遠赤外線領域の
4~14ミクロンの波長は、人体の分子との共振作用により細胞の新陳代謝の促進効果があると報告され、「育成光線」と呼ばれています。テラヘルツ波は
、人体を構成している水の分子の固有振動数に近いと言われており、テラヘルツの周波数の電磁波を受けると水の分子が共振し、クラスターが小さくなります。
その結果、血流・細胞の活性化が良くなるため、健康を維持できると言われています。

   戻る