テラへルツの照射 テラヘルツの光 振動子 テラヘルツ加工をすると物質の変化をおこすことができる
ビニールロープに テラヘルツ加工(テラヘルツの光 振動子)をすると異なったものになるのです
ビニールロープを首につけるだけで下半身がバランスよく安定する 荷物を片手でもてば軽くなる 
(レアアースのエネルギーをビニールロープに テラヘルツ加工(テラヘルツの光 振動子)したらなります
そんな不思議なことがおこるのがテラヘルツ波なのですテラヘルツ波による分質変成技術
テラヘルツ波の加工をすると機能性が持続して保持できることが確認できます
医学の治療分野 機能性の保持 品質向上などのあらいる分野のエネルギーとして活用できます

テラヘルツ波による分質変成技術(テラヘルツの光 振動子)はテラ波を転写することもできます
有効と考えられるもの(機能性.鮮度保持.性能向上.効果がハッキリわかるもの)4倍のエネルギーの働きを行います.
例えば(痛み止め.体のバランス.荷物の上下運動による軽減.首.腰の椎間板ヘルニア.皮膚の炎症.内臓(胃 肝臓.心臓などあらいる部位)
手足 脳なのの故障を軽減できる.とくにガン細胞).ハッキリ効果がでたと判断できるものすべてテラヘルツ波による分質変成技術にてできます
さらにより効果を増幅するために鉱石分析 レアアース(希土類)酸化セリウム.酸化ランタン.セリウム.ネオジム.17種類の
レアアース粉末をテラヘルツ照射する  
“日本で始めて” “世界で始めて”のテラヘルツ波による分質変成技術といえます
B-76-04  
  そんなばかな嘘みたいことができます DNAの修復難病はとくに有効であり効果的であることがわかってきました
 IPS細胞とはあらいる細胞に変化できる Nk細胞でガンを消滅 DNA細胞でもそれに近いことができます。 
 DNAの修復クリームで細胞の修復 免疫力をたかめる 15分で皮膚に反応し体内の免疫の活性するスイッチをONしますと
体内の血流循環が改善され体温が1度あがり痛みと炎症が軽減されます(信じがたいことがおこります)
 
免疫力を全体的に高めるクリーム
痛みと炎症 
進行度合いにて含有量を指定してください
 レアアーステラヘルツクリーム 含有量10%
60g(30日分) ¥9800(税別)送料無料 メール  80g (50日分)¥12800 (税別
レアアーステラヘルツクリーム 含有量20%
60g (30日分)¥14800(税別)送料無料 メール
 「テラヘルツ波の加工
テラヘルツ波による分質変成技術 テラヘルツの光子振動(放射している光)
テラヘルツ波が入れられるもの
自然の材料を加工したものは比較的テラヘルツ波が入れ込みやすい
テラヘルツ波が一度入り込むと持続は永久的であるが、金属類、アルミニウムなどに長時間吸着するとテラヘルツ分質は効力を失う
テラヘルツ波が挿入できるものは生地.宝石.鉱石粉末 セラミック、陶器.水など  ダメなものガラス.プラスチック類
サイズ限度 長さ4m 幅70cm高さ1m50cm以内のもの連続的にテラヘルツ波を入力することができます
 ↓
 
 テラヘルツ分光の加工とエネルギー分散型蛍光X線分析(原料分析)¥25000(税別)
 テラヘルツ測定(テラヘルツ照射している??確認検査)
¥30000(税別)
とエネルギー分散型蛍光X線分析(原料分析)

検査表には分析データーを添付した結果をご報告させていただきます
テラヘルツ分光の加工のみ基本料金¥2000~数量にて見積もりさせていただきます
メール メールにて見積もりさせていただきます
送り先520-2431 滋賀県野洲市木部930 kDD(株)テラヘルツエネルギー検査まで
 
エネルギー分散型蛍光X線分析
 
X線分析
 
テラヘルツ波の測定

 
テラヘルツ波の測定
 放射光利用分野
テラヘルツ波の測定
                         テラヘルツ鉱石  ネックレス ブレスレット    テラヘルツ分光 テラ照射加工しています      
テラヘルツの分光  照射加工
    鉱石 人工鉱石  ブレス ネックレス 布 シール ばんそこう 化粧品 ジエルクリーム など 
基本料金(税別)  ¥2000 (個数は含まれていません)機器使用料金です
    セラミック玉¥200 ブレスレット¥2000 ネックレス¥2000 シール1枚 ¥100  数量にて最大60%OFF
 外注委託(納期 2日~10日) 
テラヘルツ分光測定は機器にて基本料金が異なるます A社 ¥7万 B社\5万  C社\3万  D社\2万  分光測定と加工を同時の金額は少し割安にできます
    基本料金はテラヘルツ分光測定機器の本体価格にて使用計算しております(外注委託の依頼試験です)納期2日~10日 
   超遠赤外線(テラヘルツ波) 腰ベルト ネックレス.宝石などテラヘルツ波の分光 加工できます
  医療用加工 痛みを和らげる加工 鮮度を保持する加工方法もあります
  参考例です
       
       
       
       
DNA細胞修復 奇跡のクリーム
会社概要    KDD(株) 大阪市城東区新喜多1丁目2-7-1708    通販法   今までの納品先
滋賀県野洲市木部930  077-589-2354        FAX 077-589-4892
大学の研究開発 工場のテスト試験 陶器実験 工業の実験 医療の実験 開発にお求めください 
見積もりさせていただきます鉱石 セラミックボールの製造 1kg単位で販売
 ●工業試験場の試験 分析機器 測定検査
 鉱石分析 レアアース(希土類)テラヘルツ波 製品の分析データーです  
   
 テラヘルツ波の分質を入れることで永遠にテラヘルツの光子振動(放射している光)がでます
放射線の鉱石(永遠に放射線を出すもの) 体を突き抜ける
遠赤外線は皮膚の表面を接写する テラヘルツ波の分質は深さ100mm程度浸透する
テラヘルツ波の分質変成 放射する光を入力する加工技術とは 物質が持っている特性を強くして長く保持することができる
テラヘルツの光子振動(放射している光)入れることができます
 テラヘルツ 加工 磁気発信器の発信磁気波を電磁遮断ボックス内で一定時間照射する
テラヘルツエネルギーの全放射量と平均放射率を測定し.安定した時点での全放射率量と平均放射率を記録する
数値は1mw=1000 μw 全放射率は測定温度によって値が変化します
 
レアアース(希土類)テラヘルツ加工の粉末
 テラヘルツ加工した粉末です
  次世代の開発原料です
 医療分野 電子機器..LED 半導体などに
 
エネルギー分散型蛍光X線分析装置
 
下記の測定試験データーです 
    
鉱石分析 レアアース(希土類)La ランタン 350ppm Ce セリウム590ppm P リン250ppm Ndネオジウム 260ppm
AL
アルミニウム 21ppm SI珪素 28ppm Caカルシウム 50ppm Fe 60ppm Y イットリウム35ppm 
Sm 
サマリウム55ppm Cdカドニウム 28ppm Pr プロセオジム49ppm Rhロジウム56ppm 
In 
インジウム 10ppm Dyジスプロジウム10ppm         これはいったいなんでしょうか?? レアアースの17元素 希土類ですね
   分析表レアアース(希土類)8ミクロン粉末
 
 
電子顕微鏡1000倍
  
電子顕微鏡5000倍
 
電子顕微鏡10000倍
レアアース粉末に テラヘルツ加工した固体 
 
 
 
 レアアースの主な用途
水素吸蔵合金 二次電池原料 光学ガラス 磁石 蛍光体 研磨剤 ガラス.塗料光輝材 コンデンサー.光磁気ディスク.排ガス浄化触媒
鋳物用添加剤、マグネシウム合金などに使います
元素の周期表
H                                 He
Li Be                     B C N O F Ne
Na Mg                     Al Si P S Cl Ar
K Ca Sc Ti V Cr Mn Fe Co Ni Cu Zn Ga Ge As Se Br Kr
Rb Sr Y Zr Nb Mo Tc Ru Rh Pd Ag Cd In Sn Sb Te I Xe
Cs Ba La Hf Ta W Re Os Ir Pt Au Hg Tl Pb Bi Po At Rn
Fr Ra Ac                              
        Ce Pr Nd Pm Sm Eu Gd Tb Dy Ho Er Tm Yb Lu
        Th Pa U Np Pu Am Cm Bk Cf Es Fm Md No Lr
 H / 水素 / Hydrogen 
レッド 放射性元素 黄色  常温常圧で ガス気体 グリーンは取り扱い元素です
ランタノイド 21 39 57~71 
アクチノイド 89~103
 ●鉱石 粉末の加工及び製造 鉱石分析(レアアース)
価格表
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 スカンジウム照明での利用で、ヨウ化スカンジウム(ScI3)を水銀灯の一種のメタルハライドランプとして使用することでより強い光を得るものである。ほかの用途としては、アルミニウム合金への添加、ニッケル・アルカリ蓄電池の陽極にスカンジウムを加えることで電圧を安定させて寿命を延ばすことや、ジルコニア磁器に酸化スカンジウムを添加することで、ひび割れを防ぐ効果があるなどの用途がある。スカンジウムの重量比でみた主要な用途は、高機能素材であるアルミニウム-スカンジウム合金の形での、一部の航空宇宙用部品、スポーツ用品 (自転車、野球のバット、射撃、ラクロスなど) の材料である。しかしこれらの分野では、軽さや強度が近いチタンの方がはるかに多く利用されている。スカンジウムをアルミニウムに添加すると、溶接における加熱部分での再結晶化や結晶粒成長が、大幅に抑制される。アルミニウムは面心立方構造の金属であり、粒径の縮小はそれほど強度に対する効果がない。しかし、Al3Sc が細かく分散することによって、合金中にいろいろな析出相が有るにもかかわらず、ミクロな単位で強度が増大する。本来の添加の目的は、溶接可能な構造材用合金の、加熱時の過度な結晶粒成長の抑制であるが、添加によって二つの効果が促進される。一つは他の相がより細かく析出することによる、強度の大幅な増大で、もう一つは時効硬化型合金における、粒界の非析出帯の減少である。最初にアルミニウム-スカンジウム合金が使用されたのは、旧ソビエト
 イットルイム
  ランタンLa2O3(酸化ランタン)が、セラミックコンデンサや、光学レンズの材料に使われる。また、LaNi5 は水素吸蔵合金として注目されている。
 セリウム酸化物が研磨剤として用いられるほか、ガラス添加剤、製鋼原料、触媒としても使用される。化学反応における酸化剤としての用途は、使用量こそ少ないが非常に重要である ガラス研磨剤 電子部品研磨剤 紫外線吸収剤 .蛍光体 顔料 ミッシュメタル 希土類磁石 鉄鋼添加剤 合金添加剤 .るつぼ 溶接電極棒 触媒 センサー 固体電解質 ガス灯 医薬品酸化剤 超伝導物質、強磁性物質
 プロセオジム
 サマリウムサマリウムコバルト磁石(SmCo5:金属間化合物)は、強力な磁石として使用されるネオジム磁石の方が価格が安く、性能もよいが、キュリー温度(磁性がなくなる温度)が約700度のため、高温で使う用途では使われている自動車の排気ガス浄化用等、触媒の材料としても注目されている。
サマリウムにヨウ素を作用させて得られるヨウ化サマリウム(II) (SmI2) が、有機合成において 1電子還元剤として用いられる。これはケトンをケチルラジカルに還元する。
 ユウロピウムユウロピウムカルコゲナイドは磁性半導体として重要。なお、カルコゲナイドとはポロニウムを除く酸素族元素との化合物である(酸化物が除かれる場合がある)。酸化イットリウムY2O3などに酸化ユウロピウム(III)Eu2O3をドープした化合物はカラーテレビの発光面にも使われる。 青色発光ダイオードが製品化されてからは、Euドープのαサイアロンが青色の補色である黄色―琥珀色蛍光体として用いられ、白色ダイオードを実現するのに用いられている
 ガドリウムMRI検査としては、通常のMRI(T1/T2)、DWI(diffusion-weighted imaging)、ガドリウム造影によるT1撮影(B)を推奨する。 ... 脊髄炎の診断はガドリウム造影によるMRIと脳脊髄液の検査で行うべきである
 テルビウムテレビのブラウン管、水銀灯の蛍光体の材料に利用される。鉄‐コバルト‐テルビウム合金は光磁気ディスクの磁性膜の材料として、鉄‐ジスプロシウム‐テルビウム合金は、プリンターの印字ヘッドに利用される。磁性ガラスに酸化テルビウムが添加される(←磁性を担う)。
 ジスプロシウム中性子吸収断面積が大きいので原子炉の制御用材料として利用される(→鉛または鉛、ガドリニウムとの合金)。光磁気ディスク(光メモリ)の材料や磁石、蓄光剤の添加剤としても利用される。他に伸縮合金にも使われる。近年はネオジム磁石の保磁力を高めるための添加物としての利用が急増しており、安定供給の確保に懸念が生じているため、経済産業省の「希少金属代替材料開発プロジェクト」で2011年度までに使用量を現状から30%削減するための技術開発を目指すことになった
 ホルミウム希少で高価なこともあり、あまり利用されていないが、YAGレーザーの添加物として利用される
 エルビウムEr2O3(酸化エルビウム:erbium oxide、エルビア:erbia)がガラスの着色剤に使われる(きれいなピンク色になる)。光ファイバーに添加(ドープ)され たり(光信号増幅のため)、YAGレーザーにも添加して利用される(Er:YAGレーザー←医療分野で利用される)。
 ツリウムエルビウムと同様に、光増幅器の添加物として光ファイバーに利用される
 イッテルビウムガラスの着色剤、YAGレーザーの添加物などに利用される。イットリウム(Y、同じ希土類に分類される)とは下記の通り由来が同じため、発音、元素記号が似ているので注意が必要。銅酸化物系の高温超伝導が発見された当時、イットリウムを含む銅酸化物(YBCO系)が超伝導を示すという情報が流れた時、”イッテルビウム”が含まれているという誤情報(本当はイットリウム)が流れて、イッテルビウムの在庫が一時空になりかけたことがある
 ルテチウムルテチウムの地殻内の天然存在比は金や銀と比べるとずっと多いが、プロメチウムを除くランタノイド中では最も少なく、さらに他の希土類元素からの分離に手間がかかるため非常に高価である。市販されている金属の中では恐らく最も高価。酸化ルテチウムを添加することにより、これまでのセラミックスの耐熱性を高める研究や、ベータ線を利用した放射線治療への応用などの研究もなされているが、現在のところ実用段階にはいたっていない。
 ネオジウムネオジムの用途で特に重要なのは、強い磁力を持った永久磁石を生産するために使用されることである。ネオジム、鉄、ホウ素の化合物 (Nd2Fe14B) は、大変強力な永久磁石である、ネオジム磁石となる。ネオジム磁石は、色々な分野で利用されている。(例えば、高性能のモーターやスピーカーなどを製造するためなど。)その他にも、超伝導体の材料としても使われる。YAGレーザーの添加物としても利用される。また、ガラスに適量のネオジムの酸化物を加えると、可視光の内、黄色系統の光を吸収するのに他の色の光は透過させるという性質を持たせられる。よって、Nd2O3が、ガラスの着色剤として使われることがある
 戻る