測定の依頼検査 報告 実例
           測定機器            測定プリンターの印字表示はこのようになります
         計測器は1000種類あるために印字の記載ができないので主な1部を記載させていただきます 
  分析機器 測定検査   析測定   分光測定
B-34-23 
会社概要    KDD(株) 大阪市城東区新喜多1丁目2-7-1708    通販法   今までの納品先
測定機器レンタル.検査代行   滋賀県野洲市木部930 077-589-2354                FAX 077-589-4892
 
●測定機器のレンタル 電子計測試験 分析機器 測定検査の代行
●分析機器 測定検査分析測定 分光測定
●定量分析結果 エネルギー分散型蛍光X線分析
   
 水の成分測定  見本例  報告書 表示
 ↓
 
 
 
エネルギー分散型蛍光X線分析装置
無機物の測定
 
 
 
テラヘルツ波の測定装置
 
テラヘルツ波の測定
 
TAS7500 テラヘルツ・分光イメージング・システム
 
 
 テラヘルツ時間領域分光

テラヘルツ時間領域分光(テラヘルツじかんりょういきぶんこう)は、テラヘルツ波の波形を直接測定することによって得られる
電磁波の電場の時間波形をフーリエ変換し、電磁波のスペクトルを得る分光法である。

テラヘルツ波が伝播する経路中に測定したい測定試料を置き、透過したテラヘルツ波の時間波形を検出する。その検出信号と
、測定試料のない状態でのテラヘルツ波の時間波形とを検出した検出信号を用い、検出信号をフーリエ変換して、
テラヘルツ波の振幅と位相の情報を得る。

光源としては、励起光であるフェムト秒レーザーパルスを非線形光学結晶や光伝導スイッチに照射することによって
発生するテラヘルツ波を用いることが多い。

テラヘルツ波の検出にも光伝導スイッチが利用されるが、電気光学効果を利用した検出法などもある。プローブパルス光が
光伝導スイッチなどに照射された瞬間のテラヘルツ電場に比例した信号を時系列で測定し、電場の時間波形をフーリエ変換
することにより、テラヘルツ波の振幅と位相を同時に独立して検出することができる。

テラヘルツ波の時間領域分光法の特徴は、テラヘルツ波の振幅と位相が1回の測定で検出することができるという点である。
これにより、物質の複素屈折率や複素誘電率などの検出が可能になり、物質の物性測定などに用いられる

 
ラヘルツ波が挿入できるものは生地.宝石.鉱石粉末 セラミック、陶器.水など  ダメなものガラス.プラスチック類
テラヘルツ波の分質を入れることで永遠にテラヘルツの光子振動(放射している光)がでます
放射線の鉱石(永遠に放射線を出すもの) 体を突き抜ける
遠赤外線は皮膚の表面を接写する 
テラヘルツ波の分質は深さ100mm程度浸透する
テラヘルツ波の分質変成 放射する光を入力する加工技術とは 物質が持っている特性を強くして長く保持することができる
テラヘルツの光子振動(放射している光)入れることができます
テラヘルツ光子振動をいれたはエネルギーは永遠にでます
テラヘルツ波の分光
テラヘルツ波による分質変成技術 テラヘルツの光子振動(放射している光)
テラヘルツ波が入れられるもの
自然の材料を加工したものは比較的テラヘルツ波が入れ込みやすい
テラヘルツ波が一度入り込むと持続は永久的であるが、
金属類、アルミニウムなどに長時間吸着するとテラヘルツ分質は効力を失う
テラヘルツ波が挿入できるものは生地.宝石.鉱石粉末 セラミック、陶器.水など  ダメなものガラス.プラスチック類
サイズ限度 長さ4m 幅70cm高さ1m50cm以内のもの連続的にテラヘルツ波を入力することができる
テラヘルツ波の光子振動機器は設置も可能である
 化粧水.塗料 薬 食品 粒度分布 2ミクロン~数ミクロン粒度分布測定装置
 

レーザ回折/散乱式粒度分布測定装置 LA-750
粒子の検査 粒度分布測定

化粧水.塗料 薬 食品 粒度分布 2ミクロン~数ミクロン
製品が安定しているのか.製造できるか
あらいる業種に必要とされている
海外からの輸入原料の測定など
 
 遠赤外線輻射率測定装置【133321580143.jpg】
遠赤外線輻射率測定装置  
 
赤外分光光度計
有機物の測定